【Googleスプレッドシート】絶対覚えるべき操作方法・便利な使い方.vol1

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「コレさえ覚えておけば問題ない」という

絶対に覚えるべきスプレッドシートの操作方法を、

わかりやすく紹介します。

※今回は初心者向けです。

↑アザラシ
↑アザラシ

一つずつ、確実に覚えていきましょう。

目次

ファイルの作成手順

こちらの動画で詳しく解説されています。

0.セルの結合・解除(多様注意)

MEMO

<通常>

ツールバーをの「セルの結合」を選択

注意

仕事上などで使用する時は、セルの結合を多用するのは控えましょう!

理由はこちらの記事参照。(⇧画像もこちらの記事より)

1.セル内改行

MEMO

セル=文字入力したり表示形式を設定ができる四角い枠。

ダブルクリックorEnterでセル入力表示にした状態で

Ctrl + Enter または Alt + Enter

2.横スクロール

MEMO

Shift+スクロール=横スクロール

下のスクロールバーで左右にドラッグし、横スクロールをする手間が省けます。

画面下のシート一覧も、ドラッグ左右スクロールが可能です


3.行(または列)の入れ替え

MEMO

行(または列)をクリック⇨手のマークでドラッグ

4.行(または列)の間隔を敷き詰める

MEMO

行(または列)の境界線をダブルクリック

行(または列)の間隔を敷き詰める事ができます

5.行(または列)の幅をまとめて変更

MEMO

行(または列)の先頭をドラッグ⇨境界線をドラッグ

全選択をする場合は、Ctrl+Aで可能。

6.ひとつ前に戻る・進む

MEMO

一つ前の操作に戻る…Ctrl+Z

進む…Ctrl+Shift+Z

超必須の操作です

他のソフトでもこの操作方法が使われていることが多いです。

7.はみ出す・折り返す・切り詰める

MEMO

状況に応じて使い分ける

8.行 (または列)を固定する

MEMO

左上の太線を固定したい行 (または列)までドラッグ

スクロールされない用に固定します。

初期位置に戻したい時は、

左上上部にドラッグで戻す

・「表示」⇨「固定」⇨「行(列)なし」でOK

リストなどを作成する際には必須の操作です。

上部メニューバーの

「表示」⇨「固定」からでも固定可能です

9.セルの移動

MEMO

移動したいセルをクリック⇨手のマーク表示でドラッグ

ドラッグしてまとめて移動も可能です。

10.オートフィル機能

MEMO

セルをクリック⇨セル右下にカーソルをあわせ、十字の時にドラッグ

(真ん中は偶数を自動的に表示)

オートフィル機能は、主に連続データを作成するときに利用されます

データによっては、連続データにならないものがあります。

(全角・半角で結果が異なる場合があります。⇧は全て半角)

随時更新予定です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次
閉じる