【在宅勤務(テレワーク)】おすすめの昇降式デスクを紹介[コスパ最強]

【差別と偏見】ポリコレとは?ゲームや映画などの価値観への危機

ゲームや映画を通して知った方も少なくないはず…

「ポリコレ」という言葉を耳にしたことはありますか?

日本だとあまり浸透していない言葉だと思います。

今回は「ポリコレ」について触れていきたいと思います。

注意
この記事は、差別や偏見についての内容が含まれています。あらかじめご了承ください。

また、ポリコレという概念を紹介する記事なので、肯定や否定を図る目的の記事ではありません。捉え方は人それぞれです。

ポリコレとは?

ポリコレ

ポリティカル・コレクトネスの略。

  • 容姿・職業・性別・文化・人種・民族・信仰・思想」

などに基づく差別・偏見を防ぐ目的で、

政治的・社会的に公正・中立な言葉や表現を使用することを指す。

1980年代に多民族国家アメリカ合衆国で始まった、

「用語における差別・偏見を取り除くために、政治的な観点から見て正しい用語を使う」という意味で使われる言い回しである。

ポリティカル・コレクトネスは差別是正活動の一部として、英語だけでなく日本語など英語以外の言語にも持ち込まれ、一部の表現の置き換え・言い換えにつながった。

  • 一言で例えるなら「差別を無くそう」という思想や運動
参考 ポリティカル・コレクトネスwikipedia

実例紹介の前に、「LGBT」

というワードも知っておく必要があります。

LGBT

  • 女性同性愛者(Lesbian)
  • 男女問わず同性愛者(Gay)
  • 両性愛者(Bisexual)
  • 生まれた時に割り当てられた性別が自身の性自認(簡単に言うと心の性別)と異なる人 トランスジェンダー(Transgender)

の各単語の頭文字を組み合わせた表現 。

参考 LGBTwikipedia

[ ポリコレの影響を受けた実例 ] 

ポリコレの影響を受けた実例を紹介します。

数え切れないほどあるので、ほんの一部だけ。

容姿

通常観点(?)の考え
ポリコレ観点の考え
  • 容姿の良い女性を積極的に広告に起用しよう
  • 容姿の悪い女性も平等に起用するべきだ

⇩結果

性別への考慮

機内アナウンス変更

記憶に新しいニュースだとこの件。

機内での英語アナウンスで使用していた

「レディース・アンド・ジェントルメン(女性、男性の皆さん)」

という呼びかけを使うのをやめ、

「オール・パッセンジャーズ(乗客の皆さん)」などに切り替えた。

性別を前提とした表現を改め、性同一性障害など性的少数者(LGBT)に配慮した。

 JAL広報部は、呼びかけの言葉について「性別を特定した表現ではなく、中立的な表現が望ましいと考えた」と説明している。

参考 機内アナウンス「レディース・アンド・ジェントルメン」取りやめ、JALが新フレーズにyahooニュース

一般用語の変更

日本においても、ポリティカル・コレクトネスの考え方により、

用語が言い換えられた事例がある。

従来用語中立用語備考
看護婦
看護士
看護師2002年、保健師助産師看護師法改正。男性も職業に就いているため。
障害者障がい者
障碍者
「害」の字が使われていることに不満がある人の感じる悪い印象を回避するため。
保母
保父
保育士1999年、児童福祉法改正。
男性も職業に就いているため。
スチュワーデス
スチュワード
客室乗務員
フライトアテンダント
キャビンアテンダント (CA)
1996年に日本航空が従来の呼称を廃止。
他社も追随した。
世界の航空会社では、男性も従事している。
トルコ風呂ソープランドトルコ人留学生、ヌスレット・サンジャクリの抗議により、1984年に改称。

[ エンターテイメントとポリコレ ]

ゲームや映画の価値観にも影響

この議論の舞台となりやすいのが、不特定多数の人々が触れる映画や音楽、そしてビデオゲームなどのエンターテイメント文化である。

例えば、

・これまで男性だった主人公枠の性別が最新作で女性に変わったり、

・ヘテロ・セクシュアル以外の恋愛描写が取り入れられたり、

・白人以外の人種がフィーチャーされたり、これまでの価値観に対する批判的なメッセージが込められたりする。

当然、今までの作品に対して思い入れを寄せていた人々(特に、元の作品に感情移入していた人々)の反発を招き

「この作品は過剰なポリティカル・コレクトネスへの意識に支配されている。そのせいで本来の作品の良さが失われてしまっているのではないか」という批判が寄せられることもある。

ゲームでの実例

注意

以下はネタバレが含まれますので、ネタバレを避けたい方はスルーしてくださいm(_ _)m

炎上のポイントは主に、次の内容となる。

  1. 男性主導の物語から、女性主導の物語へ
     前作の主人公である屈強な白人男性のジョエルは、本作では新キャラクターの屈強な女性であるアビーに殺される。ゲームの主人公はジョエルから同行していた女の子であるエリーに変わり、エリーとアビーを中心とした物語が描かれる。
  2. LGBTQIA+キャラクターの登場と、その恋愛描写の存在
     本作ではエリーの恋愛対象が女性となっており、その恋人(ディーナ)も登場し、その二人の(女性同士の)恋愛描写が濃密に描かれる。また、女性として生まれたが、その事に違和感を抱き、頭を丸刈りにするキャラクター(レブ)も主要なキャラクターとして登場する
  • 上記2点(男性性に対する否定とも取れる描写と、LGBTQIA+)を兼ね備えたアビーの存在
     実はアビーもまたトランスジェンダーであり、男性の恋人(オーウェン)との性行為を描いたシーンが存在する。

『The Last of Us Part 2』は典型的な「ポリティカル・コレクトネスを意識した作品」であると考えられるかもしれない。

参考 【ネタバレあり】『The Last of Us Part 2』の“炎上”から考える、ポリティカル・コレクトネスに向き合うということyahooニュース

筆者MEMO

筆者は「ラストオブアス2」というゲームを通してこの概念を知りましたが、

まさに「ポリコレの押しつけ」をされているようでした。

1をプレイしていたプレイヤーからすると衝撃的だったし、

「ポリコレの押しつけ」と言われても仕方の無いくらい、あからさまな描写が多かった印象です。

その結果、「ラストオブアス」というゲームブランドの価値や、ファンを失望させてしまい、ネットでは炎上してしまいました。

また、ゲーム内でポリコレの影響を受けた、キャラクターの実在モデルが殺害予告を受けたくらいです。

映画の実例

『リトル・マーメイド』主演に黒人俳優起用で賛否

最近、満を持して新しく実写リメイクの製作が発表されたのは、ちょうど公開から30周年を迎えた『リトル・マーメイド』(1989年)である。

多くのファンに期待されていた企画だったが、白人のように見えるアリエルの役にアフリカ系アメリカ人の歌手ハリー・ベイリーが選ばれたことが発表されると、ネット上で賛否の声が巻き起こった。

参考 『リトル・マーメイド』主演に黒人俳優起用で賛否。背景や意義を考察するCINRANET

行き過ぎている?

今回これらのキャスティングの発表を受け、

「行き過ぎたポリティカル・コレクトネス」だとする意見も散見される。

だが、そのような配慮があったからこそ、アメリカやイギリスなどの映画作品のなかで、当初、悪人だったりエキセントリックな性格を帯びた役柄ばかりだったアフリカ系やアジア系の人種が、重要な役柄を演じられるようになったり、自然な扱いを受けるようになっていったのはたしかなことである。

かつてはあり得なかったキャスティング、あり得なかった人種の扱いというのは、現代だからこそ味わえる映画の魅力だといえる。

垣根が取り払われていく過程を楽しんだり、それに触発されて議論をすることが、新作映画を追って映画館に駆けつけることで得られる醍醐味のひとつなのではないだろうか。

参考 『リトル・マーメイド』主演に黒人俳優起用で賛否。背景や意義を考察するCINRANET

リトル・マーメイドと同記事から引用

筆者のポリコレに対する意見

結論から言うと、筆者はポリコレを肯定する気も否定する気もありません。

しかしここ最近、超えては行けない一線を超えて来ているような気がします。

筆者は「ラストオブアス2」というゲームを通してこの概念を知りましたが、まさに「ポリコレの押しつけ」をされているようでした。(詳細は割愛)

偏見や差別の垣根を取り払う運動は素晴らしいことではありますが、

当事者がとても不快に感じたり、ポリコレがゲームや映画のブランド価値を下げてしまう要因になってしまえば、当然ながら反感を買ってしまい結果的にポリコレへの印象は悪くなる一方です。

ある程度の線引きは慎重に行ってほしいと思います。

まとめ

他人事では済まされない…かも

あなたはポリコレに対してどうように考えていますか?

これから先、良くも悪くも「ポリコレ」という概念と向き合っていかなければならないと思います。

少しでもいい方向に、ポリコレが配慮されることを願っています。

↑アザラシ

この記事で紹介した機内アナウンスの件とかは、配慮されているいい例だと思う。
悪い例はラスアス2の件とかかな。筆者はまだ根に持ってる::
あとここだけの話、スパイダーマン・ホームカミングのヒロインとか椅子男(主人公の相棒)は結構好き。…それではまた。

↑アザラシ
↑アザラシ

当ブログでは、「意外と役立つ・タメになる」ブログを発信しています。よかったら見ていってね。

参考 がばぶろトップページ

ラストオブアスシリーズ

【PS4】The Last of Us Remastered PlayStation Hits 【CEROレーティング「Z」】

Amazonで見る


【PS4】The Last of Us Part II 【CEROレーティング「Z」】

Amazonで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。