MENU

【鬼滅の刃】なぜ漫画の実写化は批判が多いのに続くのか?[原作使用料]

こんにちは、筆者のムラスギです

先日、漫画「鬼滅実写化」というワードがSNSのトレンドになっていました。

「なぜ漫画の実写化は批判が多いのに続くか??」

をテーマに紹介していきたいと思います。

先日、筆者のあるツイートがバズりました。

https://twitter.com/gababuro/status/1318786138471944193?s=20
MEMO

ツイート内容

鬼滅の実写化がトレンドなので、なぜアニメの実写化が続くのか理由がわかる画像貼っておきます。

ニュースで取り上げられていた画像
↑アザラシ
↑アザラシ

この画像は2016年に話題になった画像ですが、

仮に真実だとしたら、実写化に向いている、いないに関わらず漫画の実写化が次々にされるのも、腑に落ちます。

この画像を要約しながら、少し掘り下げていきます


目次

漫画の実写化が続く理由

理由① やっぱり儲かるから

MEMO

第一の理由は、やっぱり儲かるから!

漫画の実写化は、その他の映画より安定して興行収入を得られる為、

批判があろうと実写化するという解釈ができます。

↑アザラシ
↑アザラシ

やっぱり金か…。


ちなみに実写化32本について気になったので、調べてみました。

(wiki参照。赤文字が興行収入10億超えの作品。記載ミスがあるかもですが、あしからず。)
↑アザラシ
↑アザラシ

⇧の画像から読み取れることは、

漫画⇨アニメ化された有名作品かつ、知名度の高い俳優を起用している作品が興行収入が高い事がわかるね。

鬼滅も実写化はまだ発表されていないけど、アニメ化はされているし、間違いなく実写化されそう。

理由② 原作使用料が安い!

漫画などが原作の作品を、実写映画化など制作する際、原作者へ支払われる料金のこと。最高でも700万円と言われている。

ここで問題なのが、アニメ化やドラマ化、実写映画化した作品がどれだけヒットしても(興行収入の売上があっても)、原作者にはほんの数%しかお金が入ってこないという点です。

「映画原作使用料」は、

『テルマエ・ロマエ』の原作者であるヤマザキマリさんが、「映画化で受け取ったお金は100万円」と告白したことで物議を醸しました。


また、有益なツイートをしてくださった方のツイートを紹介します。

これは広告代理店、テレビや芸能事務所的な建前で、本当は「俳優のスケジュール優先の制作体制で脚本を練りこむ時間はないから」「製作委員会を立ち上げやすいから」です。あと、漫画の実写化が儲かっているのは、単に製作費をケチっているだけ。根底の闇が抜けている図だと思う。

引用リツイート
↑アザラシ
↑アザラシ

闇が深い…

二次使用料について

原作使用料」とは別に、

原作者側には映画の「二次使用料」が支払われます。

著作者は

「ソフト本体価格の1.75%×出荷枚数、レンタル事業者がメーカーに支払う金額の3.35%」をもらう(注・出版社など事業者を介する)ルールになっています。

邦画における原作使用料は最高でも700万円程度。新人作家は0円ということも。
原作使用料より二次使用料の額が大きい。%値と金額は日本文藝家協会など独立団体のルールで、あくまで目安となる基準値。団体に所属していない作家は、別の金額体系で契約する例もあり、作品や作家のレベルで下がることも

なお映画は監督と脚本家にも著作者の権利があるので、彼らにも二次使用料が印税で支払われる。つまりDVDの売り上げは低くかろうが、作家側は出荷数に対して1.75%を受け取れるとの事。

参考 200万~400万円は妥当か、映画原作料のお値段エンタメウォッチング

こちらの記事参照(とてもわかりやすく解説されています)

銀魂の作者も言及

漫画「銀魂」の作者、空知先生の質問コーナーで、原作使用料の件について触れています。それがこちら。

Q.先生に質問です。この間、母が「劇場版 銀魂」がヒットしているということを聞いて「きっとコレぐらいの人気があるならヒルズにでも住んでるのね~」と言っていました。本当ですか?

A.生々しい話をしますと、映画というのはどれだけ観客が入ろうと、どれだけ興収をあげようと、作者の懐には何も入ってきません。

最初に原作使用料というものが支払われるのみです。全体の興収から言えば、ハナクソみたいな額ですね。ほとんどの金は集◯社、サン◯イズといったうす汚い悪徳企業の懐に入ります。単行本を発売したほうが、よっぽど儲かります。以下略

↑アザラシ
↑アザラシ

空知先生をヒルズに住まわせてあげたい…。

まとめ

単行本買いましょう!

この記事を通して、何か少しでも参考になれば、幸いです。

漫画

チェンソーマン (全9巻)

[電子書籍]

Kindleで見る


ファイアパンチ (全8巻)

[電子書籍]

Kindleで見る


鬼滅の刃 (全23巻)[電子書籍]

Kindleで見る


鬼滅の刃公式ファンブック

鬼殺隊見聞録

Amazonで見る

Kindleで見る


劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ (JUMP j BOOKS) (日本語) 新書

Amazonで見る

Kindleで見る


パスケース

鬼滅の刃 パスケース

Amazonで見る


鬼滅の刃 竈門炭治郎 フルカラーパスケース

Amazonで見る

楽天で見る


鬼滅の刃 竈門襧豆子 フルカラーパスケース

Amazonで見る


鬼滅の刃 我妻善逸 フルカラーパスケース

Amazonで見る

楽天で見る

↑アザラシ
↑アザラシ

当ブログでは、「意外と役立つ・タメになる」ブログを発信しています。よかったら見ていってね。

参考 がばぶろトップページ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる