MENU

【ターミネーターが現実に】2045年問題とは?今から対策すべきこと

こんにちは、がばぶろ筆者のムラスギです。

「2045年問題」という問題をあなたは聞いたことはありますか?

今回は2045年に一体何が起きるのか?

その問題に対してこれからどのようにして生きていくべきなのか?という事について、紹介していきたいと思います。

目次

2045年問題とは?

シンギュラリティのイメージ
2045年問題

AIなどの技術が、自ら人間より賢い知能を生み出すことが可能になるシンギュラリティが2045年に起こると予測され、それに伴うさまざまな影響、問題の総称のこと。

シンギュラリティとは

日本語で技術的特異点の意味。

AIなどの技術が、自ら人間より賢い知能を生み出すことが可能になる時点を指します。

この説は、アメリカの数学者ヴァーナー・ヴィンジによって提唱され、レイ・カーツワイル博士も賛同しています。

シンギュラリティ後はAIがAIを作り、とてつもないスピードでテクノロジーが進歩するようになります。

こうなってくると、人間の頭脳では太刀打ちできなくなるでしょう。このことから様々な問題が起こると予想されており、「2045年問題」と呼ばれています。

参考 2045年問題とは | シンギュラリティの意味・注目される背景・AI事例Ledge.ai

一体2045年問題(シンギュラリティ)によって、人類にどのような影響があるのでしょうか?

2045年問題が人類に与える影響

2045年問題、すなわちシンギュラリティが起これば、間違いなく人類に影響が出ます。良い影響・悪い影響どちらも起こるでしょう。

良い影響・悪い影響、それぞれ予測されている例は以下の通り。

良い影響

・危険な場所などで行う仕事をAIやロボットが代わり負担が減る
・製造業では、生産性が上がり売り上げが拡大する
・人件費のコストが下がり、人手不足がなくなる
・ロボットを用いた遠隔手術が可能になる
・病気を今以上に早期発見できるようになる

悪い影響

・AIやロボットに仕事が奪われ失業者が増える
・格差の拡大に繋がる
・人間に反逆するまたは人間を排除しようとするAIやロボットが現れる可能性がある

参考 2045年問題とは | 仕事がなくなる?対策や本を紹介いろはにかいご

2045年問題、シンギュラリティについての解説には欠かせない、2つの有名な法則を紹介します。

AIなどの技術が、人間より賢い知能を生み出す」というシンギュラリティ実現の要因として提唱されている2つの法則、

  • ムーアの法則
  • 収穫加速の法則

について、具体例とともに紹介します。

ムーアの法則

ムーアの法則

「半導体の集積密度は18か月で2倍になる」という半導体業界の経験則

半導体のイメージ

わかりやすく言うと、

「同じ面積に配置できる数が18か月ごとに2倍になる」という法則である。

半導体の性能(集積率)はどんどん高くなり、コストは半分になっていく=性能が高く、コスパの良い機械の製造が可能になっていくという事だね。

この法則は、インテル創業者の一人であるゴードン・ムーアが、1965年に自らの論文上で唱えた

半導体についての詳しい解説はこちらの記事を参照


ムーアの法則の実例

例えば、1956年にはIBM製の5メガバイトのメモリは、大型冷蔵庫ほどの大きさだった。

1956年のIBM製の5メガバイトのメモリ

それが2005年になると、指先に乗るSDカードですら128メガバイトもある。

更に2014年になると、同じ大きさのSDカードの容量は、128ギガバイトにまで増えているのである。

現代のSDカードメモリ

この数十年で、いかに技術が進歩したか、集積回路の密度が上がったのか、この画像で一目瞭然だね…

ちなみにムーアの法則は、2021年で終焉を迎えるのではないか?とも議論されているよ。詳しくはこちらの記事を見てみてね。

次は、「収束加速の法則」について解説します。

収穫加速の法則

収穫加速の法則

一つの重要な発明は他の発明と結び付き、次の重要な発明の登場までの期間を短縮し、イノベーション(技術革新)の速度を加速することにより、科学技術は直線グラフ的ではなく指数関数的に進歩するという経験則である

wikipedia参照

上記をわかりやすく言うと、

「人類の進歩にかかる時間がどんどん短くなる・変化がどんどん加速している」ということである

この法則はレイ・カーツワイルが提唱した。

ターミネーターが現実になる?

⇧ターミネーター

「AIが人間より賢い知能を生み出す」というワードで想像してしまうのが、

映画「ターミネーター」の世界観です。

映画:ターミネーター

2029年に人類と機械軍の熾烈な戦いを描いたストーリー

ターミネーターと呼ばれるアンドロイドが未来の抵抗軍に所属、又は抵抗軍に関係する存在を抹殺し『人類の歴史を終わらせる(terminate)』ために現在に送られ、人類側が抹殺から逃れるために死闘するというのがシリーズ通しての内容である

ジェームズ・キャメロン監督作品。

機械が人間を奴隷化する?

人類の知能を超えたAIは、自分がそこにいる目的や、目指すゴールを自分で考えるようになるはずである。さらに、人間の手を介さず、自分たちで自分達に必要な機会も作り始めるであろう。

例えば、人間が長く生きることにしか価値を感じなくなって、自分たちの長生きのためだけに進化した機械を使おうとするなら、機械は、そんな人間ならいなくてもいいと考えて、それに見合う行動を必ず起こすだろう。

「シンギュラリティの衝撃」より

今はまだSFの領域の出来事だから、中々想像がつかないな…。

シンギュラリティを生き抜くために

これから先、シンギュラリティに備えて私達がどのようにして生きていくべきなのでしょうか?

「機械に負けない」ものを持つ

サンディスクの代表取締社長・小池淳義氏は、シンギュラリティを生き抜くために、このように述べています。

多くの人は、目の前の仕事を一生懸命やるだけで精一杯なのかもしれない。だが、その仕事が10年後、機械にとって代わられたとき、人生のゴールを考えていない人は、途方にくれるしかなくなるであろう。

また、「これだけは機械に負けない」というものを持つことも大切だ。それから、生きる喜びを全身で感じる瞬間を、毎日の生活の中で数多く体験していることも重要だ。

「シンギュラリティの衝撃」より

生きるている以上、人生のゴール(目標)を決めておく事は大切なことなんだね。

資産価値ある自分が重要

2ちゃんねるを創設した西村ひろゆき氏は、このように述べています。

のアイコン画像

「機械が人間の仕事を奪う」のが本当だったとしても、僕はその対抗策が「機械に負けないすごいスキル」を身につけることだとは思えないんですよ。


これからの新しい時代に求められるのは、超優秀な人間というより、そこそこ仕事が出来て周りに気に入られる「いい人」。

日々の生活や仕事の中で、ちょっとずつ自分の考え方や行動を変えていったほうが人生、断然トクですよ。

「自分は自分、バカはバカ」より


つまり、シンギュラリティに備えて私達が今できることは、

  • これから先、明確な人生の目標を決めておくことが大切。
  • 超優秀である必要はない。そこそこ仕事が出来て周りに気に入られる「いい人」になる事が大事。

という事を常に頭の片隅に置いておくことが重要だと言えます。

まとめ<機械との共存>

2045年問題・シンギュラリティについて、あなたはどのように感じたでしょうか?

「機械と共存していく」という表現は、今の私達にはまだ理解し難い、受け入れ難い表現ですよね。

しかし、シンギュラリティが起こりうる2045年に近づくに連れ、「機械と共存する」事が当たり前な時代が、もう目の前まで迫っているのです。

シンギュラリティがくるまであと25年。どうすれば機械に負けないか、必死で考えなければならない必要があります。

そして、ひとり二人とそのことに気付き、行動を起こすようになったら、シンギュラリティは恐怖ではなく、人類にとってこのうえない福音(ふくいん)となるでしょう。

がばぶろからのお願い

下記リンクから購入していただかると、今後のモチベーションに繋がります 

m(_ _)m

参考文献

人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃 (日本語) 単行本

Amazonで見る

Kindleで見る


自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

Amazonで見る

Kindleで見る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる